2020.09.18

TITLE:コメント映像・福田転球編



昔から相撲は好きなので、今回の出演の話を聞いて大変うれしかったです。大ファンではないですがテレビ中継はよく観ますし、大阪場所の時とかは稽古を見学しに行くこともありますし。今回、僕はとにかくいろいろな役をやらせていただくので、いっぱい着替えることにはなりそうです。
なかでも相撲雑誌の猿渡編集長の役は関西弁にしていただいているので、ちょっと豪快でノリのいいおっさんみたいに演じられたらいいなと思うてます。
まわし姿で歌ったり踊ったりするのはいかにも面白そうですけど、さらに相撲の稽古シーンとか、ふだん見えない相撲の裏側も見えてくるといいなあと思うんですよね。本当は相撲の練習もしたいくらいです。稽古場には土俵を作るのかなあ。ちょっとほしいんです、土俵。もしあったら毎日、テンションが上がりそうですしね。
ともかく若い力士たちが歌って踊る、エンターテインメントをお送りいたします。みなさまぜひ劇場に、いらしてください!
2020.09.16

TITLE:コメント映像・市川しんぺー編



もともと自分に太っているイメージがあったから、出演の話が来たんじゃないかとまずは思いました(笑)。以前より、だいぶ痩せたんですけどね! でも実際に僕自身は親方役や行司役を演じるので、華やかな相撲取りさんをお客さんが身近に感じられるよう、橋渡しをする役まわりなのかなと思っています。
出演が決まってから改めて原作のマンガを読んだのですが、やっぱり独特でしたね。スポーツのマンガといえばアツい戦いがあるんじゃないかと思いますけど、根性を見せるというよりもなんだかとてもオシャレで。タイトルにも『両国花錦闘士』とあるように、“オシャレ”が大変際立っているんです。その上、相撲取りの繊細な内面が丁寧に描かれている。これまで遠い存在に感じていたお相撲さんも、僕らと一緒なんだと思えてすごく面白かった。いろいろなことに悩んでぐずぐず考えるところはリアルなんだけど、基本的に設定はブッ飛んでいて。その点も、舞台で面白く描けそうな気がしています。
2020.09.15

TITLE:デーモン閣下が手掛けた主題歌リリース決定!あわせて『両国花錦闘士』スポットCM解禁!



いよいよ9月27日(日)に東京公演の一般発売となります『両国花錦闘士』。
デーモン閣下、作詞・歌唱による主題歌「Naked Men 見ろ、裸の俺たちを!」が12月の公演に先駆けてリリースされることが決定いたしました!
音源配信開始と同時に音源解禁となります!
何名も歌っているように聴こえる楽曲は、コーラスや合いの手を含めデーモン閣下が全て歌唱し、賑やかで力強いその歌声は聴くだけで相撲が見たくなる斬新な相撲ソングに仕上がっています。
男と女、禁欲と享楽、清と濁。相反する感情も入り乱れ、愛と欲望が乱れ咲く物語を歌に込めた主題歌が完成しました!

さらに発売を記念して、デーモン閣下サイン入り公演プログラムが当たるダウンロード&ストリーミングサービスキャンペーンの実施も決定!


デーモン閣下コメント


相撲が題材の演劇を行うのであれば、その主題歌のオファーが吾輩のもとに来るのは当然だろうと思う。
この『Naked Men』は作・演出の青木豪氏からのキーワードに加えて、吾輩が持つ相撲に関する知識から出た言葉も散りばめ、メロディに合わせて詞を書いていった。
原作は発行当時に単行本で購入し読んでいたので、きっと舞台も賑やかで楽しく躍動的で、恋愛を絡めた人間関係なども描かれるのだろうと予想できる。しかし相撲の世界で生きることは楽しいだけではなく辛く苦しいこともあって、それに打ち勝たねば土俵の上に残れないのだという勝負師的な観点も決して失いたくはなかった。だから、その両方をバランスよく考慮し歌詞にした次第である。
そして実を言うとこれが今まで余り歌ったことのない、簡単に言えばラテンのノリの曲となったために妙にシュールで、吾輩自身にも新鮮な経験となった。舞台同様、この吾輩の歌もぜひ楽しんでもらえればと思うところである。

デーモン閣下

悪魔。魔暦紀元前17(1982)年、ロックバンドの姿を借りた悪魔教布教団体「聖飢魔Ⅱ」の歌唱・説法方として現世に侵寇。魔暦前14(1985)年、地球デビュー(メジャー媒体)。「芸術・娯楽の創出演出」、「社会批評」、「表現者」として、全方位マス・メディアで蔓延る。日本の伝統芸能との共作活動は聖飢魔Ⅱ時代から約35年間175回展開中。この容姿で武道館、国技館、歌舞伎座、国立能楽堂の舞台に立ち、尺八奏者・三橋貴風氏と共に魔暦2(2000)年から始めた和文化と朗読劇の新『娯楽+芸術』の可能性を追求する主催シリーズ「邦楽維新Collaboration」は本年20周年、公演数85回に至る。
好角家としての一面も有名で、相撲番組での解説や書籍を出版するなど、相撲に関する取材やコメント依頼は数知れず。
他にも、役者として舞台へ出演や、TBS系列の情報番組「ひるおび!」にコメンテーターとして出演するなど、その活動は多岐にわたっている。

主演:伊藤健太郎コメント

作品にマッチした、踊りたくなるような楽曲だと思いました。僕たちも本番で歌う予定があるそうで、みんなで盛り上がりたいです。
デーモン閣下は僕が小さい頃から活躍されている方。作品を通してにはなりますが、共作できるのはとても嬉しいです。
僕にとって舞台は特に音楽がすごく大事で、曲が流れるだけで作品や当時のことを思い出します。
この主題歌はこれから身体に染み込んでいくと思いますし、自分の思い出の曲になっていくと思うと今からとても公演が楽しみです。

楽曲詳細

Ryougoku-Jacket-Design20200817
  

新曲情報
「Naked Men 見ろ、裸の俺たちを!」(舞台『両国花錦闘士』主題歌)
作詞:デーモン閣下/作曲・編曲:和田俊輔 
唄:デーモン閣下

商品情報
配信シングル
魔歴22(2020)年9月15日(火)0時配信開始
DL /iTunes、レコチョク、mora等 
ストリーミング/Apple Music、Amazon Music Unlimited、Spotify、LINE MUSIC等
発売元:東宝・ヴィレッヂ
販売元:TOHO MUSIC

デーモン閣下「Naked Men 見ろ、裸の俺たちを!」(『両国花錦闘士』主題歌)
ダウンロード&ストリーミングサービス キャンペーン

対象期間内に、「Naked Men 見ろ、裸の俺たちを!」をiTunes StoreでダウンロードもしくはApple Music、Spotifyで共有しご応募いただいた方の中から抽選で5名様に【『両国花錦闘士』デーモン閣下サイン入りプログラム】をプレゼント。
キャンペーン詳細ページ