明治座・東宝・ヴィレッヂによる
“三銃士企画”が旗揚げ!

 明治座、東宝、ヴィレッヂ。それぞれ歴史もカラーも異なる三社から、同じ年齢の男性プロデューサー3名が立ち上げた本企画。東京で最も長い歴史を持つ劇場“明治座”を舞台に、先人たちの足跡を尊愛し、これからの未来を見つめながら、ケレン味とスペクタクル感満載のエンターテインメントを作ることを共通の目的とし、名付けて“三銃士企画”として始動します。
 第一弾公演は、漫画家・岡野玲子による「両国花錦闘士(りょうごくおしゃれりきし)を舞台化。架空の1980年代後半から90年代初頭のバブル期を時代背景とし、考えや行動などが軽はずみで、浮ついている空気感の中、その対極ともいえる、荘厳にして神秘なる角界を女性目線で描くと如何様になるのか……。
 そこには、スポ根ではない、別の魅力に満ちたワンダーランドが広がっているのです。

時代の先駆け、
空前絶後のお相撲漫画が
初の舞台化!

 「ファンシイダンス」「陰陽師」など、博学多識と鋭い洞察力に裏打ちされた物語、繊細にして流麗なタッチのイラスト、そして独特なユーモアで多くの熱狂的ファンを持つ漫画家・岡野玲子。その異才が相撲とめぐり合い生まれた「両国花錦闘士」。1989年から90年にかけて、ビッグコミック スピリッツ(小学館)にて連載された本作は、当時あまり存在しなかった相撲漫画というジャンルを発掘するとともに、その視点は以降に生まれた作品群と一線を画しており、おそらく空前にして絶後の相撲漫画といえます。汗と根性は少なめ。どこまでも見目麗しく、ロマンスに彩られた力士たち。女人禁制の国技ともいわれるスポーツを乙女の視点でポップに一刀両断した果てには、力士や相撲道の神髄が精確に描かれており、その奥深い作品の魅力に誰もが気づかされます。
 相撲と演劇の起源は、共に神事であった……。
 この真理を核に、劇場という晴れの舞台において、両者の融合を最高の、歌あり、ダンスあり、笑いあり、相撲ありのエンターテインメントとしてお届けいたします。

 そして本作の作・演出は、ち密な人間描写と卓越した発想力で、近年は歌舞伎の脚本から、劇団四季の演出まで幅広く手掛ける、現代演劇のトップランナーの一人、青木 豪。主題歌は、言わずと知れた熱狂的な相撲ファンであるデーモン閣下が手掛けます。
okanobanner