2020.09.04

TITLE: コメント映像・大山真志編



今回、ついに本格的にお相撲さん役を演じることになりまして。「とうとうやれることになったか!」と、まずは素直に思いました(笑)。
本当に脱いで肌を露出して、まわし姿で歌ったり踊ったりするなんてなかなかできない経験ですから、とても楽しみです。
撮影の時、既に撮ってあった伊藤健太郎さんの写真を見て「攻めてるな、この舞台!」と思いましたね(笑)。あれは画期的かつ、すごいインパクトでした。そして自分自身も実際にまわしを着けてみたら、これが思いのほかしっくりきたことに我ながらビックリしちゃいましたが(笑)。
それにしても、次に何が起こるのかわからない作品でもあって。得意ジャンルが見事にバラバラな方々が揃っていますから、それこそ“得意なもの合戦”とか“異種格闘技”みたいなことの積み重ねで作品自体がどんどん面白くなっていきそうな気もします。みなさんに負けないよう、僕も図々しく、ずかずかとこの芝居に突っ込んでいきたいなと思っています。